環(境)世界 感覚受容

環(境)世界とは

その人(生命)が感じる事は

それぞれあり、

同じ時間、空間ではないという

普遍性の事を捉え

述べている思想にあります。

それは

これまでの多くの覚者がいう

「今ここ」に繋がっています。

 

【感覚受容が環世界をつくる】

 

今ここにある状態とは

脳の酸素の燃費も良く

神経系機能が滞りなく

制限なく

その人の遺伝子も

より機能している状態にあります。

その人がその人である事

いわゆる「自分が自分で有ること」に繋がっています。

 

「自分が自分を自分することだ!」   澤木興道老師