自己防御反応

  • HOME
  • 自己防御反応

いのちを守る本能はすべてを知っている

目の前に虫やほこりか飛んでいると、反射的にまばたきをします。
思いがけず頭付近にボールが飛んでくると、とっさに身を伏せたり、手で頭を覆い隠したりします。
これらは本能的な身体の防御反応で、思考が関与していません。
風邪をひいて発熱するのも、ウイルス・菌などの侵入者を撃退する本能的自己防御反応のひとつです。

トーン変調により自己防御反応が生じる外頭蓋底
(トーン変調により自己防御反応が生じる外頭蓋底)
トーン変調により自己防御反応が生じる内頭蓋底
(トーン変調により自己防御反応が生じる内頭蓋底)

脊椎その他の自己防御(代償性)反応は普遍性に改善される

神経伝達生理機能トーンが本来を失うと、命がより安全な状態を維持しようとして、身体に自己防御反応による歪みという大きな代償(compensation)を払い始めます。
この代償は身心にいろいろな「あつれき」「しわよせ」という【不快】を引き起こします。

トーン変調により自己防御反応が起きる胸椎
(トーン変調により自己防御反応が起きる胸椎)
トーン変調により自己防御反応を起こす腰椎・骨盤部
(トーン変調により自己防御反応を起こす腰椎・骨盤部)