リーディング

  • HOME
  • リーディング

1.リーディング(皮膚温度測定)について

リーディング(皮膚温度測定)について

『サブラクセーション』とは、同じ個人でも、サブラクセーションは存在する日もあれば、存在しない日もあります。
サブラクセーションが存在する日は、皮膚温度測定にその人特有の波形の乱れが現われます。
サブラクセーションがない日は、皮膚温度測定に波形の乱れはあらわれません。

NCMによる皮膚温度測定(神経圧迫測定)

リーディング(皮膚温度測定)について

最初に必ずNCMにおいて皮膚温度測定をします。
サブラクセーショが存在する日はアジャストメントが必要です。
サブラクセーションがない日はアジャストメントは必要ありません。
その結果、 アジャスト後もノーアジャスト後も基本的に休息をとっていただいております。
そして、休息後に、プレとポストの比較のため皮膚温度測定を行います。
これはストレート・カイロプラクティックにとって、生命線といえるほどとても大切なことです。