脊椎サブラクセーション検出

  • HOME
  • 脊椎サブラクセーション検出

1.リーディング(脊椎皮膚温度測定)について

リーディング(皮膚温度測定)について

『サブラクセーション』とは、同じ個人でも、サブラクセーションは存在する日もあれば、存在しない日もあります。
サブラクセーションが存在する日は、皮膚温度測定にその人特有の波形の乱れが現われます。
サブラクセーションがない日は、皮膚温度測定に波形の乱れはあらわれません。

2.神経機能左右対称性測定に焦点

リーディング(皮膚温度測定)について

最初に必ずNCMにおいて皮膚温度測定をします。
サブラクセーショが存在する日はアジャストメントが必要です。
サブラクセーションがない日はアジャストメントは必要ありません。
その結果、 アジャスト後もノーアジャスト後も基本的に休息をとっていただいております。
そして、休息後に、プレとポストの比較のため皮膚温度測定を行います。
これはストレート・カイロプラクティックにとって、生命線といえるほどと

ても大切なことです。

3.全てはストレートラインのために

カイロプラクティックのビフォーアフター

脊椎皮膚温度計測の目的はストレートライン(正常値確認)

ストレートライン回復の必須条件

1.アジャストメントが必要な時であること

2.アジャストメントが必要な脊椎であること

3.アジャストメントが必要なコンタクトポイントであること

4.アジャストメントが必要なベクトル方向であること

5.脊椎皮膚温度がフルスパインで左右差→フルスパインでイーブンに回復していること

上記の条件を満たし

ストレートライン確認の為に

ビフォーアフターともに

脊椎皮膚温度測定を行います。

 

上記内容のお問い合わせについては

Since 1987 Subluxation free.

ツクダカイロプラクティックセンター

高松市民家の癒し処

info@tsukuda-c.com       087-899-8833

 

Contact
お問い合わせ

ご質問・ご相談などございましたら、お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL / 087-899-8833

営業時間 / 9:00~12:30、14:00~19:00
定休日 / 日曜日

お問い合わせ