自己防御反応(図説)適度な神経系機能

  • HOME
  • ブログ
  • 自己防御反応(図説)適度な神経系機能

 (関連組織をスケッチしてみました。)

自己防御反応が 

過剰でもなく

過少でもなく

適度な神経系伝達機能のであるためには

下記の関連組織の機能性の良しあしで決定されます。

頭蓋内底部エリア↑

上部には大脳があり、次に間脳、中脳、橋、延髄、の順で脳組織を乗せる。

後部には小脳が位置する。

底部では脳の12神経が貫き

脳を取り巻く軟膜、くも膜、硬膜のうち

一番外部の硬膜が頭蓋内底部に付着している。

頭蓋外底部エリア↑

後頭骨大孔と上部頸椎椎孔が連なり

延髄と脊髄を通し硬膜と

歯状靭帯が付着している

最も重要なエリアです。

身体のバランス、重心を決定している組織でもあります。

髄膜と脳脊髄液の簡略模式図を描いています。

これらの機能性が外部からみて

視覚化される要素がチェック項目になっています。