自己防御反応 適度な塩梅

自己防御反応が過少すぎても命を守れないが、

また過剰な自己防御反応も不快な条件が積み重なるばかりです。

 

要するに自己防御反応が適度な塩梅であることが

何よりも望ましく

その人が自分らしくある状態です。