自己防御反応 過剰か?適度か?

 

とても重要な自己防御反応について

適度な自己防御は 身体の歪み(代償性作用)を伴わないレベルです。

過剰な自己防御は 身体の歪み(代償性作用)を伴うレベルです。

 

 

前者は神経機能が正常であり 快適な環境にあります。

後者は神経機能に問題があり 不快な環境下にあります。

 

これは車やロボット等、機械には起きない現象で

生命体にのみ起きる事象です。