③カイロプラクティック対話 重心と姿勢 

  • HOME
  • ブログ
  • ③カイロプラクティック対話 重心と姿勢 

最も重要視している

重心の左右対称性です。

脳脊髄神経系機能に異変があると

重心と姿勢も左右対称性を失います。

その場合、5~10㎏差

差が大きい場合10㎏以上の差がある人がいます。

また左右差をもつ

期間が長い人ほど

持続的、慢性的な不快感を持っている場合が

殆どです。

これらの事項は視覚的に捉えられるので

繰り返し何度も・・何度も・・観察を繰り返し

経験している施術者からすると

非常に分かり易い観察点です。

また施術が適切であれば

左右差が左右対称性を取り戻すので

正当性の評価の

鑑定にもとても役立ちます。